タイトルロゴ
栗飯祭り
開催予定日 9月15日
例年開催日 例年9月15日
地区 中区
開催地 三社神社(中区鹿谷町)
主催者 調査中
文化財区分 未指定
カテゴリー その他伝統
開催状況 開催されます
 9月15日の午後8時から鹿谷町にある三社神社では、粟飯まつりが行われます。昔は粟を使っていましたが、今では粟を作っている所がないため赤飯で代用しています。神事は20分くらいで終わり、祭りに集まった人たちに供えられた赤飯が振る舞われます。粟飯まつりの由来は次のように伝えられています。
 南北朝時代の初めごろ一艘の船が、白羽の浜へ漂着しました。船には、宗良の皇子という方が乗っていらっしゃいました。ようやく岸に上がった皇子は、現在の高町を北へ下りた辺りまでおいでになりました。すると、秋の日は暮れ方近く、疲れと飢えのために、一歩もお進みになれませんでした。これを見た里の人々は、粟を集め、皇子に差し上げることにしました。里の人々が心を込めた粟飯は、のどが焼けるほど熱く、皇子は、息を吐きかけ吐きかけ召し上がりました。
「都でも、こんなおいしいものは食べたことがない」
と、皇子はおっしゃって、何回もお代わりをなさったそうです。後に、その日が9月15日の祭礼の日であったので、それ以来、神前に粟飯を供え、粟飯まつりが行われるようになりました。
当日は、無病息災を祈って、神社に供えられた赤飯を分けてもらう参詣人でにぎわいます。
(参考文献:浜松市広報課(1999):『はままつ歳時記 広報はままつ特集号』:浜松市)
    栗飯祭りに関連した祭り
  • 地区が同じ
  • カテゴリが同じ
  • 日付が近い